裸眼でOK 「オルソ-K」

裸眼でOK 「オルソ-K」は日本で初めて新医療機器としての認可を取得した新しい近視矯正のオルソケラトロジー用レンズです。眠っている間に近視を矯正 今話題のオルソケラトロジー。 コンタクト
レンズの取り扱い方

「オルソ-K」の性能を維持し、安全で快適な装用を続けるために。

レンズのはずし方(起床時)

レンズのはずし方 ~ 1 ~
眼を大きくあけて、鏡を見てレンズが黒眼にのっていることを確かめます。
人工涙液型の点眼薬などを点眼し、5分間待った後にまばたきを十分行い、レンズが動くことを確認します。

人工涙液型の点眼薬は眼科専門医が指示した点眼薬を使用してください。
鏡をよく見て、眼を大きくあけ、両手の人差し指で上下のまつ毛の生え際を押さえ、 レンズの下方を下まぶたで固定し、レンズの上方を上まぶたの縁で引っ掛けます。
ゆっくりと眼を閉じ、まぶたに挟まれたレンズを指で挟んで取り出してください。
レンズのはずし方 ~ 2 ~
眼を大きくあけて、鏡を見てレンズが黒眼にのっていることを確かめます。
人工涙液型の点眼薬などを点眼し、5分間ほど待った後にまばたきを十分行い、レンズが動くことを確認します。
鏡をよく見て、眼をレンズより大きく開けます。
右レンズをはずす場合は右手の人差し指(左レンズをはずす場合は左手の人差し指)で目尻を押さえ耳側やや上方へ引っ張ります。
やや強くまばたきをしてレンズをはずし、もう一方の手のひらでレンズを受け止めてください。
サクションカップを使ったはずし方 ~レンズがはずれにくい時のはずし方です。~
  • ①鏡を見て、レンズが角膜上にあることを確かめます。
  • ②人工涙液点眼薬などを点眼し、まばたきを十分にします。
  • ③レンズが動くことを確かめ、正面を見て、サクションカップをレンズの上にのせて軽く押します。
  • ④レンズが吸着していることを確認し、サクションカップを軽く引っ張ってレンズをはずします。

必ずレンズが動くことを確かめてから使用してください。
レンズが動かない時の対処
朝起きた時にレンズが黒眼に張り付いて動かない場合は、以下の方法でレンズをはずしてください。
  • ①人工涙液型の点眼薬などを点眼し、まばたきを十分にします。
  • ②レンズが動き出したら、通常の方法ではずします。
     (動かない場合は①を繰り返してください。それでも動かない場合は、眼科専門医を受診してください。)