裸眼でOK 「オルソ-K」

裸眼でOK 「オルソ-K」は日本で初めて新医療機器としての認可を取得した新しい近視矯正のオルソケラトロジー用レンズです。眠っている間に近視を矯正 今話題のオルソケラトロジー。 コンタクト
治療までの流れ

一人一人の眼の健康状態をしっかり検査し、適切なレンズを選びます。

治療を受ける前の注意事項
オルソケラトロジー治療をかかげている眼科でも、海外からの未認可品を使用して治療にあたっているケースもあります。 治療に使用するレンズが「アルファコーポレーションのオルソ-K」であるかどうか確認してから治療を受けるようにしてください。
(→認可品と未認可品の違いはこちら
同意説明 / 同意 実際の治療に入る前に以下の説明を受けます。

  • 「オルソ-K」装用によるリスクや問題
  • 遵守すべきこと
  • 「オルソ-K」装用に適さない例
  • 効果の現れた方には個人差がある   ・・・ など


内容を理解した上で、同意書にサインをします。
適応検査 問診、及び各種の検査により「オルソ-K」の装用に適しているかを総合的に判断します。

<問診>
  • 眼鏡やコンタクトレンズの装用経験
  • 眼疾患や既往病の有無
  • 職業、装用の環境 ・・・など

<検査>
  • 近視の程度を調べる検査(視力検査・屈折検査・角膜形状の測定・解析)
  • 眼の健康状態を調べる検査(涙液量の測定・眼圧測定・角膜/結膜などに異常がないかを細隙灯顕微鏡で観察)
  • 職業、装用の環境 ・・・など
テスト装用 検査・測定結果をもとに、個々の人に適したトライアルレンズを実際に装用します。

  • 角膜上でのレンズの動きと位置確認
  • レンズの装用感/実際の効果を体験
治療用レンズの決定 検査結果をもとに、治療に使用するレンズを決定し、カスタムメイドで注文します。 レンズが出来上がるには数日間かかります。
治療(装用)開始 レンズが出来上がったら、再来院します。 いよいよ治療の開始です。
  • 治療用レンズの装用
  • レンズの取り扱い説明
  • 定期検査のスケジュール説明